スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

クリスマスの約束

夕べ小田和正さんの「クリスマスの約束」という番組が放送されました。

これは小田さんが、この時期に毎年やられているものですが、他の方の曲を歌ったり、ゲストを招いて一緒に歌ったりととても素敵な番組です。

そして今年はなんといっても、KAT-TUNに「僕らの街で」を提供してくださった小田さんが、ご自分の声でどんな風に歌われるのかとても楽しみにしていました。


もう書かずにはいられないほど、涙涙で観てしまいました。
そしてこの小田さんの歌をを聞きながらも、自分たちのものにして行った彼らにまた涙してしまうほどです。

ただただ勢いだけで書きますね。
後で読んでわぁ~って思っても、それもまたリアルでいいかなぁ?

小田さんのファンの方が読んだら「え?」って思われるかもしれないし、同じ番組を観ても「そう?」って思うかも知れない。

でも私は私の感想を書かせてもらいます。



まずはこの曲を小田さんが歌う前に、この曲を書いた時の事を話してくださいました。

『アメリカから帰ってきてすぐにこの曲を書き始めました。
時間的にちょっと無理があったので、始めは断ろうと思ったのですが、こんな風にして若い人たちに直接メッセージを届けられる機会も、もうそんなにないだろうろ考えて引き受けたんです。
とにかく若いので、上手くかみ合うかどうか不安もありましたけれど、会ってみるとみんなそれぞれにとてもいい青年達でした。
青春群像というテーマどおり、みんな精一杯頑張ってくれていい曲ができたと思います。
この曲を書かせてくれた彼らに感謝したいと思います。
ではKAT-TUNに書いた曲をやります。「僕らの街で」』

一言一句載せていいものだろうかと悩んだけれど、この温かい、そしてこの曲に対する小田さんの気持ちはどうしてもここに残しておきたかった。
打ちながらも涙が出てしまうほど、彼らにまっすぐに向き合ってくれた小田さんの気持ちがこもった「僕らの街で」

あの小田さんが、KAT-TUNを前にして、「とにかく若いので、上手くかみ合うかどうか不安もありましたけれど」と不安を持ったことにも驚き、そして彼らに直接会って「会ってみるとみんなそれぞれにとてもいい青年達でした。」と思ってもらえた事にとても嬉しく感じました。

小田さんの「僕らの街で」はとにかく透明で、完成度の高い、当然でしょうが、すっかり小田さんの曲になっていました。
独特の小田さんの世界観がそこに広がっていて、青春群像を懐かしく思いながらもそこに今現在いる人たちを、温かく包み込むようなそんな素敵なメロディーとなって流れていたのです。

これをKAT-TUNのみんながデモテープとして聴いたのだとしたら、それはそれはプレッシャーで押しつぶされそうになったんだろうと、今更ながらに感じてしまいます。

それでも彼らの「僕らの街で」は荒削りで蒼いものではあるかも知れないけれど、本当に今リアルタイムにこの場所にいる彼らが、等身大で仕上げた楽曲だということを改めて思いました。

普通グループの曲をひとりで歌うことは、迫力にかけてみたり、イメージが違って聞こえたりするものですが、小田さんは全くもってそんな事は微塵も感じさせない迫力で、大人の「僕らの街で」でした。
当たり前でしょ?って声が聞こえてきそうですけど(笑)

それでも比べるものではなくても、KAT-TUNの歌う「僕らの街で」が余計に愛おしく感じてしまいました。

いろんな事がありながら、周りの雑音を聞きながら、このきれいなメロディーに触れ、今の自分たちを振り返り、そのままの自分たちをこの曲にぶつけて行った彼らたち。

おそらく怖かった部分も、不安だった部分もたくさんあっただろうと思うと、この小田さんとの出会い、そしてこの楽曲との出会いをファンとして感謝してやまないのです。

『青春群像というテーマどおり、みんな精一杯頑張ってくれていい曲ができたと思います。』
青春群像・・・・・・なんて懐かしい言葉なんだろう。
でも今の彼らにとって、まさしくその時期にいるんだろうなぁと思い、そのままを詞にしてくれた小田さんのすばらしさに惚れ惚れしてしまいます。

確かにドラマの主題歌でした。脚本も読まれて書いたと聞いています。
でもこれはKAT-TUNという物語も、メンバーひとりひとりの現在もきっと小田さんは感じて書いてくださったと私は思っています。

この曲はきっと彼らが歌う年代、その時の気持ち、そして聞く側の気持ちが変われば変わるほど変化をしていく曲だと感じました。

私自身も泣いてばかりいて、不安で仕方がなかった時期にこの曲に出会えて、元気をもらったというよりも、今のありのままの自分を受け入れる事が、今の自分にとってとても自然な事なんだよと教えてもらった曲です。

先日プロモ現場を見に行って、ここで朝日待ちをしながらプロモをとった彼らの胸の中にあったものはどんな事だったかしら、なんて帰ってきてからも何度も思い返しました。


最後の小田さんの言葉『この曲を書かせてくれた彼らに感謝したいと思います。』

こちらこそ、こんな素敵な楽曲を彼らに、そして私たちに与えてくださった事を、心から感謝しています。
ありがとうございました。
いつまでも大切にしていきたい曲の1曲です。



なんか後でまたいろんな事が書き足したくなると思うけれど、とにかくこのままの気持ちを上げておきます。
他の方の感想とか見て、また違った気持ちになるかもしれないけれど、また見直して書き足りない事もあるかもしれないけれど、まぁそれはそれとしてね。

他にも松たかこさんや、スキマスイッチさんなどゲストを招いて、とても素敵な時間だったのですが、「僕らの街で」だけでもこんなに書いたからね(笑)

本当に心が洗われるような番組でした。

小田さんの偉大さをその世界観に感動しながら、やっぱりKAT-TUNのみんなを抱きしめてあげたくなるような、そんな気持ちにさせてくれた「僕らの街で」にただただ感謝しています。



スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

感激

40代の小田さんファンです。
このブログを読んで、まあちゃんさんの気持ちが
素直に伝わってきて、涙がとまらなくなってしまいました。
KAT-TUNファンの方は、小田さんのことをどう受け止めて
いるのか気になっていたので、とても嬉しい言葉の数々です。

DVDの付いたCD、買いました。PVを何度も繰り返して
見ています。朝日待ちをして撮影されたのですね。

小田さんとKAT-TUNのコラボで、ファン同士の気持ちもつながったようで嬉しく思いました!
ありがとうございます!

なつさんへ

本当に来てくださって、ここを読んでくださってありがとうございました。
小田さんのファンの方から、コメントをいただけるなんて、努々思っていなかったので、本当に嬉しく思っています。

うふっ、同世代の方ですね。
私の青春時代、いつもオフコースが流れていましたから、今回の小田さんからの楽曲提供は、本当に嬉しかったです。

正直言うと、KAT-TUNが小田さんの曲をどう歌いこなすか、小田さんの世界を壊さないか、逆に壊した方がいいのか、私自身は曲が出来上がるまでドキドキでした。
いろいろあって、本人達も複雑な思いで望んだと思われるこの曲を、こうしてたくさんの人たちに聞いてもらえるのは、本当に嬉しいことです。

逆に小田さんのファンの方は、彼らの歌をうどう受け止めていただいているのかがとっても不安です。
こういう楽曲が初めてな彼らにとって、未知の世界であり、完成された世界に自分たちのカラーをどう出していくのか、本当に悩んだのではないかと思うのです。
それでも私は彼らのハーモニーや、静かに自分達の言葉で歌うこの「僕らの街で」が愛おしくて仕方がありません。

まだまだ原石の状態の彼らが、この曲に出会ってたくさんの事を学ばせてもらったと思っています。
小田さんはひとりひとりのレコーディングにも、立ち会ってくださいました。
それは彼らにとって、とてもいい刺激になった出来事のようです。

DVD付きのCD買ってくださったのですね。ありがとうございます。
3時起きをして、撮影したものです。寒かったそうですが(笑)

>小田さんとKAT-TUNのコラボで、ファン同士の気持ちもつながったようで嬉しく思いました!
そう言っていただけるだけで、感激です。
こんなKAT-TUNのことばかりのところですが、また遊びにいらしてください。

オフコースの2枚組みベストのCD買いましたよ~!
懐かしい曲ばかりで、いいものは色あせないんだなぁと感激しています。
本当に本当に、ありがとうございました。嬉しかったです。
これからのKAT-TUNも、温かく見守っていただけたら、とっても嬉しく思います。

見てなかった(>_<)

すっかり忘れてたのね~ん(T_T)
去年は見てたんだけどね…
再放送なんてあったかしらね…
ドジったわ(-.-;)

今旅仕度してるんだけど頭からっぽで何やっていいかわからんだよ(゚o゚)
何だかここ二日位役立たずだわ~私…(*_*)

mimmiさんへ

旅支度は終りましたかぁ~?
もう1日仕事あるのかなぁ?
その後は旅なのよね。少しはのんびりできるといいね。

小田さんのは、再放送がどうだったかな?
今度会う時にでも持って行きますよ。
実は私も7分前に気がついた(笑)
どっちの「僕らの街で」もいいよ~。
ちょっとゲストで出てくれればよかったのにね。

私もまあちゃんと同じような気持ちで聞きました
小田さんのメッセージは淡々とした口調ながら
とても心が伝わってきて
KAT-TUNファンとしてとても嬉しかったね
この歌のこと引き受けてくださって本当に感謝です
小田さんの僕らの街はとても優しくて壮大で流れ込むように心に染みてきて
まるで違う楽曲のようなかんじでした
自分たちが小田ワールドにはまった
みたいなことを言っていたけれど
頂いた楽曲をしっかりと自分たちのものとして成立させたことを改めて感じて
すごく感動したよ
小田さんに出会えて、あの曲に出会えて
本当によかったよね

ふるるんさんへ

おはよう、ふるるん!
小田さんの歌う「僕らの街で」は本当に別な曲だったよね。
それはそれで、とっても心地よく、むしろ懐かしい感じで聞かせてもらいました。
どちらも好き。

ただどうしても、彼らが歌う方が、その後ろにあったものを含めて聞いてしまうので、思い入れが強くなって愛おしく感じてしまうのよね。
本当によく頑張って、ここまで仕上げてきたよね。
とってもいい経験になったと思うし、いい人たちに出会え、いい楽曲に恵まれた彼らたち。
本当によかったね。

忙しくしているだろうに、ありがとうね。
相変わらずドタバタ状態だよ~。
ゆっくりダンス甲子園とカウコン観られるのかなぁ?

僕らの街で

小田さんが歌えば、また別のものとして素晴らしかった
ですが、この曲は、KAT-TUNに歌ってもらうことに
大きな意味があったのだと思います。

この曲は、KAT-TUNだからこそカッコいいんだと
思います。今青春の真っ只中にいる彼等だからこそ
この歌で伝えられることがあるのかと思います。

まあちゃんさんが愛おしいという気持ち、とても伝わってきます。

小田さんの曲をKAT-TUNを通して幅広い世代に聞いて
もらえるのは、ファンとしてもとても嬉しいです。しかも
大切に歌って下さっていることがもっと嬉しいです。

職場にKAT-TUNファンの人がいるのですが、
この曲をきっかけに、たくさん話をするようになりました。

KAT-TUNのこれからのご活躍を、温かく(親心のよう?)
見守っていきたいです!

なつさんへ

なつさんの温かい言葉、とっても嬉しいです。
彼らを通して伝えられるもの、確かにこの年代だから伝わるものがきっとあると思います。
同じくらいの年代の人たちは彼らの歌で癒されて、私たちのような年代は懐かしさを覚え、同じ「青春の切なさ」見たいなものを共有している感じがします。

メンバーの中には、この曲が一番好きって言う子もいて、本当にみんな大切にしていると思います。
やっぱり「本物」に触れる事は、いい刺激になると思うのです。

私はオフコース熱が再発しそうで、この忙しいさなか毎日オフコースのCDかけています。
本当にいいものは残って行く事を、小田さんは教えてくださっているような気がします。

なつさんのそばにKAT-TUNファンの方がいらっしゃるのですね。
その方とたんさん話をする機会が増えたなんて、なんて素敵なんでしょう。
そしてこうやって私も。
ぜひ次回いらしてくださる時には「まあちゃん」って読んでください。
あ~小田さんとのコラボなんて実現しないかしら~。

そうしたらまたなつさんと、お話しする機会も増えるのに。
KAT-TUNのこと、心に留めておいてくださるようで嬉しいです。
まだまだやんちゃな彼ら、何をしでかすかわからないですけど、観ててあげてください。
line
プロフィール

まあちゃん

Author:まあちゃん
KAT-TUN中丸雄一くんが大好きなまあちゃんのひとりごとです。
黄色い声も出ない50代ですが、気が付けば10年も中丸くんの事を追いかけて来ました。
充電期間の間でも、個々の活動を応援しながら、また活動再開する日まで、一緒に闘い続けます。

KAT-TUN情報はほとんど後追い状態ですが、普段の生活の中で感じたこと、考えたこと、幸せに思ったことなど交えながら、のんびり更新中

line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
インフォメーション


☆テレビ☆
「シューイチ!」(中丸雄一)
毎週日曜日 7:30~日テレ

「世界ルーツ探険隊」(中丸雄一)
毎週月曜日 19:00~テレビ朝日

「Going!」(亀梨和也)
毎週日曜日23:55~日テレ

「炎の体育会TV」(上田竜也)
毎週土曜日19:00~TBS


◆ラジオ◆
土曜日10:20から NACK5
「KAT-TUN亀梨和也のHANG OUT」


★album★
ベストアルバム
「10Ks!」絶賛発売中!



マウスを合わせると動きが止まります。
line
最近の記事
line
最近のコメント
コメントありがとうございます☆               
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
FC2カウンター
line
閲覧カウンター
現在の閲覧者数:
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
ジャニーズ最新情報
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QRコード
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。