スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

Peacefuldays

『中丸のページ』を読み返していました。



書くまいと思っていたことを、やっぱり書いてしまいました。
昨日の会見の後、色々思ったことです。
スルーしてもらって構いませんからね。

NYから帰ってきた日のページには、楽しかったことがたくさん書いてあって、リアルタイムで読んだ時も、そして今も本当に楽しかったんだろうなぁと思うような内容です。

この時に「みんなとご飯を食べたし」と書いた雄ちゃん。
この1文を読んで、少しホッとした私です。

更に「次回のライブはいい予感がするぜー」って


噂話ではありましたが、NYで5人が仁くんと会ったと言う話を聞いていました。
もちろん、噂の域を脱していませんから、本当に会ったのか、ご飯を食べたという「みんな」は仁くんだったのか、それはわかりません。

それでもこの「みんな」と「いい予感」はもしかしたら戻ってこないかもしれないと思っていた仁クンの存在を、戻ってくる日はそう遠くないかもしれないという気持ちに替えられたのは確かです。

半年前の休業会見の時に、じゅんくんと雄ちゃんは仁クンのそばに立っていました。
心無いレポーターの質問に顔を強張らせていた仁くんが、ふたりの顔を見た途端に、表情が緩んだのを今でも覚えています。

そして昨日の復帰会見

その姿は、半年前の表情とは少し違っていました。
とても大人っぽく落ち着いて見える6人が、静かに座っていました。

NYでの2晩かけての6人の話し合い。
聖くんの言葉が胸に刺さりました。

「この半年間」

私たちにとっても大きい半年間でした。
危なっかしくて、怖くって、いつ崩れてしまうかもしれない5人を見ているのは辛かったです。
でも、どこで切り替えたんでしょうかね?
気がつけば、地面にしっかりと足をつけて前を向いている5人になっているではありませんか。

雄ちゃんがこの半年間をどんな気持ちで過ごして来たのか、私が知れるわけでもありませんが、色々な事を考え、迷いながらも、手探りだったかもしれないけれど、自分のやりべき事をこなしてきたんだと思います。

本当はね、KAT-TUNがなくなってしまったら、雄ちゃんはどうするんだろう、ってそんな事ばかり思って、その頃は泣いていました。
でも「YOUたち!」も決まって、「少クラ」にも出続けて、「中丸のページ」も始まって、気がつけばどうするんだろう?どころじゃなくて、忙しくって大丈夫?って言う心配に変わっていました。

そして発表された春のツアー
5人でやる事の戸惑いもありました。
でも「中丸のページ」で読む限りでは、5人が時間をかけて練りに練ったライブ。
たくさんの候補曲から選択したセカンドアルバム「cartoon KAT-TUN Ⅱ You」を引き下げてのライブでもありました。

歌のジャンルのひつひとつは違うのに、統一感のあるとってもいいアルバムでした。

5人のライブも思考が凝らされていて、楽しかったし、ソロも個性的でそれぞれがカッコよくって、文句無くいいものでした。

ここに仁くんが加われば、たっちゃんが言うようにスーパーKAT-TUNになることは間違いないと思います。

仁くんが帰って来てくれた事は、とても大きい事でうれしいことです。
やっと収まる所に収まったと言う感じがします。

それでも敢て言わせてもらえるのなら、やっぱりこの半年間の5人をもっと評価してもらってもいいんじゃないのかなぁ?
出演ドラマや、レギュラー番組の低迷を彼らだけに押し付けるのは違うと思うし、それをまた仁くんが抜けた結果と結びつけるのは、やっぱり違うと思う。

この5人のがんばりを見て来たはの私たちだし、それは分かっているんだからと、何度も自分に言い聞かせたけれど・・・・・


今日の仙台公演
アンコールで仁くんが出てきて2曲ほど歌ったそうです。
その時の5人が、とっても楽しそうだったと聞きました。
やっぱりうれしかったんだなぁ、と思うと胸が熱くなります。

きっと聖くんが言った「しこりを残したまま復帰するのは・・・」というのも本当の事。
そしてたっちゃんが言った「5人で活動していたけれど、みんなの頭の中は、いつも6人だった」というのも本当の事だと思います。
そしてこの半年を、意義ある時間にしたのも立派なことだといってあげたい。


ここを乗り越えた6人だからこそ、新らたなスタートを切るKAT-TUNが、今まで以上に輝くことを信じています。



雄ちゃんの、どこかホッとした顔と「やる気が出た」という言葉で、何も言うまいと思いながら、今日ここを開いたまま、なかなか書き出せなかったので、やっぱり書いてしまいました。



それでも、ドームで6人揃ったKAT-TUNを観られる事を楽しみにしているのは事実です。


大好きな仁担さんのブログでは、みなさんうれしいのに、どこか申し訳ない気持ちになって、素直に喜べないでいる様子が書かれています。
なんかとっても胸が痛いです。

こんな風に書いている私だけど、彼女達には素直に喜んでもらいたい。
だって、仁くんがいない間の半年、他の5人をしっかりと見つめて一緒に守ってきたんだから。
いつ帰って来てもいいように・・・・・・

そしてその願いが叶って、昨日に至った。


もうこの形が崩れる事はないと信じています。

Kがいて、
Aがいて
Tがいて
Tがいて
Uがいて
Nがいて

始めてKAT-TUNなのだから。

これから先、ますます目が離せない6人でい続けて欲しいから。



スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

こんばんは、初めまして。
初コメです。宜しくお願いしますね。
レイちゃんのところから飛んできました。
まあちゃんさんと思うことは同じです。
ただ仁担さんたちの話はここで今知りました。
みんなで一緒に喜びたいですよね。
聖はあえて一番痛いところを自分から言ってくれて
ありがとうという気持ちで一杯です。
みんな大人になって、今回の事を乗り越えて
もっと輝いてくれると思っています。

atsu-yuさんへ

初めまして
こんな日記にコメントいただいて、感謝します。

初めまして・・・と言ったものの、レイちゃんのところだけじゃなく、そこここでお会いしていますよね(笑)
すみません、私読ませてもらっています。
何度、コメ入れようかなぁと思ったことか・・・・・
これからも、仲良くしてくださいね。

仁担さんの事を思ったら、書いてはいけないのかもしれないという気持ちもあったのですが、じゃぁ、誰に?っていうと、ん~マスコミ?一般の人? ← 相手が大きすぎる

聖くんも憶測で物をいわれるより、はっきりと色々とあったんだといいたかったんですよね。
自分がそう言う役目だと、思って言ってくれたように思います。本当に感謝。
こういうことが、ちゃんと言える仲のよさなんですよね、ここのグループは
これからのKAT-TUNの活躍を、みんなで喜びたいです。

まあちゃん…
今、ひろちゃんとベッドの中に入ってしみじみしてるんだけど…
ここに、まあちゃんもいたら良かったな…と思うよ。

アタシも来る前まで、ううん…アンコールの前までは、まあちゃんと同じ気持ちだったよ。

でも、雄ちゃんの笑顔、仁の笑顔を見たら、この半年は間違ってなかった。って確認出来たの。

そして、今この時に仁が帰って来てくれた事も。

あの日、仁が行かなければ、いけなかった事も納得できたよ。

それに、この半年の雄ちゃんの成長は素晴らしいじゃない。

5人の頑張りは…マスコミなんかが知らなくても、アタシ達が知ってるんだから!

その気持ち、雄ちゃん達にも届いてると思うし。


んー4時だ!
なんか支離滅裂な文章でごめんね♪
なんか、来たら書かずにはいられなくなっちゃって…

また、明日ね♪
おやすぴ(≧▽≦)

はじめまして。
私もレイちゃんのところからきて、度々
おじゃましてました。

私も同じ思いでここ二日くらい色々な
ことを考えてました。
仁くんが帰ってきたことは素直に嬉しい。
でも心の中で何かひっかっかってました。

5人の頑張りをもっと評価してくれても
いいんじゃないか。。。
これですよね。
昨日おととい発売になったオリスタや
ポポロ等見てすごく思いました。
5人で頑張った証を自分の中で残して
おこうと思わず買ったものです。笑

そして、ここでまあちゃんさんの気持ちを
読み、レイちゃんのコメントを見て、
涙が出ました。
心の中のひっかかりがとけていくようです。
ありがとう~

私は大阪に6人の姿を見に行きます。
思いっきり楽しめそうです。

レイちゃんへ

おはよう
わ~、そのベッドの中に私も入れて~って思った(笑)
昨日のレイちゃんの様子を読みながら、これでよかったんだと思ったよ。

自分の中では、仁が行った気持ちも、この半年があったからこそ、このツアーやアルバムが出来たんじゃないかって思っていたつもりだったんだけどね。

そう、何よりこの半年を見ていたのは、私たちだものね。
それでいいよね?

仁くんもうれしかったと思うけれど、他の5人がうれしそうだったのが、すごく読んでいて伝わってきた。
ありがとう。
何か雄ちゃんの、うれしそうな笑顔が目に浮かぶよ。
しかも凄いこと言っているし(笑)

気をつけて帰って来てね。

ナッツさんへ

初めまして。ありがとうございます。

何か私たちが考えているよりも、もっともっとKAT-TUNの6人は先へ進んでいるのかもしれない。
なんて、レイちゃんのレポを読んで感じました。

仙台で本当に楽しそうだったという6人。
誰か1人でも反対したら、復帰は無かった・・・なんて記事を読むと、男同士腹を割ってとことん話しをして、半年の時間を埋めたのかなぁ?
それは心が離れていたわけじゃなくて、一緒にいなかった時間を埋めた感じ・・・・・

あ~初めてコメントいただいたのに、私ったら何わけのわからないこと言っているんだろう・・・・・・
とにかく6人で、戻ってきてくれてよかったです。

大阪公演は、全身で楽しんできてくださいね。
もし良かったら、お話聞かせてください。
またこんな語り癖のある私のところへ、遊びにも来て下さいね。
これからもよろしくお願いします。
line
プロフィール

まあちゃん

Author:まあちゃん
KAT-TUN中丸雄一くんが大好きなまあちゃんのひとりごとです。
黄色い声も出ない50代ですが、気が付けば10年も中丸くんの事を追いかけて来ました。
充電期間の間でも、個々の活動を応援しながら、また活動再開する日まで、一緒に闘い続けます。

KAT-TUN情報はほとんど後追い状態ですが、普段の生活の中で感じたこと、考えたこと、幸せに思ったことなど交えながら、のんびり更新中

line
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
line
インフォメーション


☆テレビ☆
「シューイチ!」(中丸雄一)
毎週日曜日 7:30~日テレ

「世界ルーツ探険隊」(中丸雄一)
毎週月曜日 19:00~テレビ朝日

「Going!」(亀梨和也)
毎週日曜日23:55~日テレ

「炎の体育会TV」(上田竜也)
毎週土曜日19:00~TBS


◆ラジオ◆
土曜日10:20から NACK5
「KAT-TUN亀梨和也のHANG OUT」


★album★
ベストアルバム
「10Ks!」絶賛発売中!



マウスを合わせると動きが止まります。
line
最近の記事
line
最近のコメント
コメントありがとうございます☆               
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
FC2カウンター
line
閲覧カウンター
現在の閲覧者数:
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
ジャニーズ最新情報
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QRコード
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。