スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

祭りの後の物悲しさかな・・・「銀幕版スシ王子!」終演

4月19日に公開になった『銀幕版 スシ王子!』


最終上映日の映画館は、びっくりするほどたくさんの人が観に来ていました。
みんなきっと同じ気持ちなんだろうなぁ・・・と思ったら、全く知らない方たちですが、思わず仲間意識みたいなものが芽生えちゃったりして(笑)

長い所では1ヶ月半くらい上映していたでしょうか?


終わってしまうと、なんだかお祭りの後の物悲しさ・・・・・とでも言ったらいいのかなぁ?

心の中に秋風が吹いてしまいそうな感じ(苦笑)


でもね、本当に楽しかったし、しあわせな時間でした。

この映画に関わった全ての人たちに・・・感謝でいっぱい 本当にありがとうm(__)m


まずはやっぱり、雄ちゃんを「河太郎」役に選んでくださった監督さんにありがとうございました。

そして緊張シーの後輩君を、突き放すでもなく(苦笑)、仕事に対する厳しさや作品に取り組む姿勢を身体全部で魅せてくれた光一くんにも、ありがとうございました。

雄一に成り代わり・・・いやいや、違うから(汗 お前は何者なんだ!と聞こえてきそうだ)


雄ちゃんが大好きなファンの一人として、とってもしあわせな時間と楽しい経験をさせてもらえました。



『ドラマ版 スシ王子!』の続編として上映された『銀幕版 スシ王子!』

ドラマでは光一くん演じる司くんを「兄貴!兄貴!」と慕っていながら、ちゃっかり「銀座一柳」のスパイなんかしちゃって、でも美味しい話には裏があるんだよ!という結果に終わってしまった河太郎


そんな河太郎は、またまた司くんよりも先回りしてNYのシャリの達人に弟子入り

でもやっぱり司くんとは持って生まれたものが違うのか・・・・・司くんを超えることは出来なかったんだよね。

だけど、そんな河太郎の人間くさい所がとっても好きでした。


自分より才能があったり、秀でいているものを見つけると、憧れるのと同時に宿る嫉妬心のような小さな心のしこり
そのしこりが大きくなればなるほど、邪念が膨らんで、結局はいい結果は出ないのに、そんなことも解っているのに、悪い方へと引っ張られてしまうものなんだよね。

それなのに、やっぱり最後は司くんを裏切れなかった河太郎の人のよさが、本当によく表現できていたなぁと思いました。


親方に自分と司くんの違いを問いた時、「目が違う」と言われて、多分本当はその意味も解っていた筈なのに、自分ではどうすることも出来ない悔しさでいっぱいになってしまった河太郎

それが「おい、司!あんまり調子に乗るなよ ここは日本じゃない、チャンスの国だ」って言う言葉に繋がって行ったんだよね。
自分に対して強がって見せないと自分を保っていられない。
日本とは違う異国の地なら、自分にもきっと何かチャンスが訪れて、今までの自分を超えられる。
そんな思いもあったんだろうなぁ・・・と

でも結局それは司くんを裏切り、自分を傷つける結果になってしまったんだけど・・・・・・・


河太郎が司くんの胸の中で、一生懸命訴えるシーンは何度見ても今思い返しても涙が出てしまうシーンです。
「ちょっとでも兄貴を超えたかった。俺もスシ王子になりたかった」ウワァァ-----。゚(゚´Д`゚)゚。-----ン!!!!

ん~迫力あったよ~!

冷静に考えたら、始めての映画でこの演技はなかなかの合格点じゃないかと思うんですが、贔屓目過ぎますかね?(苦笑)


花火のシーンでは、たまたま独立記念日の花火をやると知って、監督さんが急遽加えたシーンだそうです。
しかもこの花火、同時刻に同じ花火を2箇所から上げていて、両方の花火を使って司くんのバックと河太郎のバックに使用したとのことでした。

このシーンは本当にふたりの心の葛藤と、寂しさが花火と言う華やかなんだけど、一瞬で終わってしまう儚さと相俟って、なんとも言えないほど切ない気持ちにさせられました。

一心不乱に自然流の形を繰り返す司くんと、黙って下を向いたままの河太郎
この対照的なふたりの表情も、胸に迫るものがありました。



私は試写会に1回も当たらなくて、結局は映画の公開日に始めてこの映画を観ました。
それまでは、試写会に行ったお友達も私には、決して内容をしゃべることなくいてくれましたから

何となく河太郎は死んでしまうのかもしれない・・・・・そんな程度の予備知識だけで観たんです(^^;


だから正直言って、始めてみた時の衝撃といったらなかったです(TT)


声を殺そうにも殺せないほど号泣して(苦笑)、そのあとの展開は殆ど覚えていないほど(笑)
しかも映画が終われば、雄ちゃんの舞台挨拶が待っていると言う、なんとも複雑な状況(><)

まぁだからこそ、映画の世界からすぐに現実に戻ってこれたのかも・・・とは思いますが。

この河太郎の死は不思議なもので、その後のお話の中で、特に名前が出てくるところでも、回想シーンでもないのに、何度となく涙がこみ上げてくるんです(それって私だけかしら?)

だから後半は、事あるごとに泣いていた感じなんですけどね(^^;


そんなかっこ悪いけれど、人間くさい河太郎に反して、何してもかっこよくて可愛らしい司くん
きりっとした時の表情が、本当に好きですね。
それでいて動作の一つ一つがコミカルで可愛かったりもするんだもん。(←反則だわ・笑)


この映画の中で、司くんはいろいろなことを教えてくれました。
人間の強さとか弱さとか、優しさとか心の広さとか

田んぼでシャリの達人に「俺、がんばります!」と心を決めて言い放した、静かなんだけどとっても力強い言葉がすごく残っています。

あれは河太郎との心の葛藤があってのことだったよね?

そして最後に戦いに勝った時だったかな?「憎しみは憎しみを生む」といった言葉も・・・・・


私は司くんのように辛い修行をして、心身ともに鍛えた人と違い、やっぱり河太郎くんのように、自分と違うものを持った人や自分より秀でていると思った人には「羨ましい」とか「憧れ」みたいな感情を持つし、またその裏の感情も芽生えてしまったりするので、今回の河太郎くんの心の葛藤は雄ちゃんが演じていることを差し引いても、すごく共感できる部分がありました。


舞台挨拶の時に「パート2もみなさんが切望してくれたら、きっとあると思います」って雄ちゃんが言っていました。

もちろんそのあとに「河太郎はどうなるの?」って声が飛んで

「そこなんだよね?それもぜひ皆さんの力で・・・(笑)」なんて言いながら、雄ちゃんは笑っていました。

またパート2もやってもらって、そこはほら!「堤マジック」で・・・気泡飽で蘇らせるのもよし、世界に自分に似た人が3人居るって言うから、『河村太郎』でも『河口太郎』でもいいから、また雄ちゃんを一緒に出演させてあげてくださ~い!

だって河太郎くんも言っていたじゃない!「また兄貴の行く所に先回りしてるから」ってね。


公開まで本当に長い時間待たされたけれど、それでも映画の舞台挨拶なんて初めての経験もさせてもらって・・・・・結局、通算10回くらい見たかな?(^^;

こんなに映画を見たこともないわね(おそらくこれからも無いと思うし)


でも、何度も言いますが、本当に楽しかったです。



改めて、『銀幕版 スシ王子!』お疲れ様でした。

そしてありがとう m(__)m


最終日に見ることが出来て、自分が想像していたよりも吹っ切れました。
もっと、どよ~んと終わってしまった気持ちが押し寄せてくるかなぁ?って思っていたんだけど・・・・・

まぁ何日かしたら、また違う感情になるかもしれませんが、その頃にはチケットの当落があったり、アルバムが発売されたりとイヤでも現実に引き戻されそうですしね。



さぁて、DVDはいつ出るのかな?


そして次は、どんなサプライズが待っているのかな? わくわく o(^-^o)(o^-^)o






でも、ちょっとこの感想を書き終えたら涙がこみ上げてきちゃった(苦笑)



雄ちゃん!この映画に出られてよかったね。
私たちもしあわせな気持ちでいっぱいでしたよ

ありがとう・・・・そしてお疲れ様

スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

ありがとう、スシ王子!

まあちゃん、スシ王子!、終わっちゃったんだね~。
結局、うちの近くの映画館には、やって来なかったわ~v-406
期待を込めて待ってたんだけど…。
木更津キャッツアイが、1ヶ月遅れくらいで来たことがあったから、もしかしたら…と思ってね~。

私は、一足お先に試写会で観させてもらって、ものすっご~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ぉく感動したのに、感想も内容も、まあちゃんに言うことが出来なかったあの期間、つらかったわぁ。(笑)

ハンカチじゃ足りないから、タオル持って行くんだよ!なんてこと言ってみたりして、ね。

河太郎を死なせたくなかったから、試写会の次の日に、自分が映画の中に入り込んで、河太郎を助けよう!って奔走した夢を見たのには、我ながら笑ったなぁ。役どころとしては、登場人物には見えない設定なのよ、私。(笑)←どーゆー存在よ!?

けど、私の夢の中では、河太郎、死なずにすんだんだよ~、私の活躍で!! って、どんだけ図々しいんだろ、私。v-356

ドームの当選確認、明日くらいからなのかしら?
ドキドキだねー!!!

まあちゃ~ん♪

終わっちゃったね…
なんだか、かなり淋しくて
昨日は1日、なーんもする気になれなくて
どょ~んとしてました。

あんまり調子に乗るなよな。の、
河太郎の瞳が忘れらんないよー
。゜(゜´Д`゜)゜。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

また会える日を楽しみに♪

河口太郎に河村太郎!(笑)

まあちゃんの、河太郎ラブ、中丸くんラブな気持ちが、めちゃくちゃ伝わったよー♪

中丸くん、本当に名演でした!そんな中丸くんをまあちゃんと一緒に見られて本当にうれしかったです。DVDが出たら鑑賞会したいなあ♪

さんちゃんへ

そうだったね、さんちゃんが先に試写会に行って、私に内容を話せなくてハンカチじゃなくて
タオル持って行ってね、って言われたので、ちゃんとタオル持って行ったよ(笑)
すっごくよかったって言ってくれたんだよね。
嬉しかったよ~!

それにさんちゃんが夢の中で、河太郎を助けてくれた話も笑っちゃうんだけど
ちょっと笑えなくて、助けてあげられるものなら助けてあげたかった(涙)

試写会に当たってさんちゃんが観に行ってくれた事も、とっても嬉しかったよ。ありがとう

週明けにはドームも発表かな?
ドキドキしちゃうけれど、みんなで「よかったね」って言いたいね。

レイちゃんへ

昨日から、レイちゃんのブログの更新がなかなかなくて、ちょっと心配してました。

「スシ王子!」終っちゃったね。
まだちょっと実感がなくて、それでも最終上映が終わった後ポスターが替えられていた時には
やっぱり寂しい気持ちになっちゃったんだよね(涙)

昨日から、映画のいろいろな河太郎の言葉や表情がふっと浮かんできちゃうの
ちょっとやばいかなぁ~(汗)

ペペロンチーノさんのブログも読んだよ。
雄ちゃんらしいエピソードでよかったね。
素敵な人を好きになったなぁって、また改めて思ったよ。

秘コメ様へ

やっぱりみんな同じ気持ちだったんだと思うよ。
まぁ、光一くんファンだろうなぁ?と思う人が多かったけれどね。
でも1回でも観られてよかったよね。

カツカツの予告はね、ショックじゃないんだ(笑)
彩姉さんだったし(^^;
少し雄ちゃんも、こうやって刺激を受けて免疫をつけた方がいいかな?
あんまり慣れられても困るけど(苦笑)
ただただ困っている雄ちゃんが可愛すぎて~

雄ちゃんの本質はみんな分かっているから大丈夫だよ~!

(土曜のお仕事は・・・6月下旬まで続きます・・・・汗)

たろちゃんへ

こちらこそ、一緒に観てくれてありがとう
とっても素敵な言葉で、雄ちゃんの演技を褒めてくれて、あの日のたろちゃんのブログを読んで
思わず涙しちゃったんだよ~(こんな所で告白・汗)

だって雄ちゃんが舞台挨拶で「パート2も」って言うから、そこに河太郎が居ないなんてイヤだもん!(苦笑)
河太郎~!カンバッ~ク!

DVDが出たら、みんなで鑑賞会しようね。
楽しみにしているよ。
部屋に置けないくらいの大きなテレビが欲しくなっちゃうなぁ~(笑)
line
プロフィール

まあちゃん

Author:まあちゃん
KAT-TUN中丸雄一くんが大好きなまあちゃんのひとりごとです。
黄色い声も出ない50代ですが、気が付けば10年も中丸くんの事を追いかけて来ました。
充電期間の間でも、個々の活動を応援しながら、また活動再開する日まで、一緒に闘い続けます。

KAT-TUN情報はほとんど後追い状態ですが、普段の生活の中で感じたこと、考えたこと、幸せに思ったことなど交えながら、のんびり更新中

line
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
line
インフォメーション


☆テレビ☆
「シューイチ!」(中丸雄一)
毎週日曜日 7:30~日テレ

「世界ルーツ探険隊」(中丸雄一)
毎週月曜日 19:00~テレビ朝日

「Going!」(亀梨和也)
毎週日曜日23:55~日テレ

「炎の体育会TV」(上田竜也)
毎週土曜日19:00~TBS


◆ラジオ◆
土曜日10:20から NACK5
「KAT-TUN亀梨和也のHANG OUT」


★album★
ベストアルバム
「10Ks!」絶賛発売中!



マウスを合わせると動きが止まります。
line
最近の記事
line
最近のコメント
コメントありがとうございます☆               
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
FC2カウンター
line
閲覧カウンター
現在の閲覧者数:
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
ジャニーズ最新情報
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QRコード
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。