スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

物の始まりはちっぽけな必然

物事にはすべて始まりがあって、それがきっかけでいろいろなことが動き始める。

なんてことをちょっと考え出したら、止まらなくなっちゃったの。

(勘弁してくださいよ~!って言うくらいウダウダと書いたので、パスしちゃっていいっすよ。
KAT-TUNの文字は出てくるけれど、情報はなにもないのでごめんなさい。)


何でそんなことを思ったかというと、「僕らの街で」が頭の中でぐるぐると1日中回っていた日。
全部歌詞なんて覚えていないのに、なんとなく彼らの歌声が身体中を流れている。
それはとっても心地よくって、でも少しだけドラマのイメージも加わった切ない、本当に秋の空気のような感じ。

時々暖かくて、どこか冷たくて、でも空気はどこまでも澄んでいてさわやか。

このさわやかさが、いろんなことを静かに考えさせてくれるの。


歌詞の中に出てくる「突き抜ける青い空」がとっても好きな私。
私が誰かを思うときに、一番素直になれる空。
それは元気にしてる?だったり、ごめんねだったり、ありがとうだったり。

子供とけんかをした時も、思いっきり雄ちゃんを想う時も、お友達に会いたくなった時も。
みんなこの突き抜ける青い空と秋のこの空気が、すーっと身体の中を通り抜けていく。

KAT-TUNと出会って、すごくたくさんの彼らに触れることが出来て、いろいろな想いやパワーや笑顔や感情が湧き出して、すごく私自身が弱くなった感じがしたの。

え~?元気とかもらって強くなったんじゃないの?って思うでしょ?
うううん、弱くなった。(笑)

言い換えたら、感情に素直になった、かな?

これだけ生きていれば人生いろいろあるわけで、前にも書いたと思うのですが、自分なりに結構がんばって生きてきたのよ。
女手ひとつで子供も育てなくっちゃいけないからって、突っ張って生きてきたりして、だから人に対しても自分に対しても素直になれなかったりね。

お人好しなところがあるから、人のことは案外簡単に信用するんだけど、でもやっぱり自分はひとり!誰にも甘えない!っていう気負い見たいのは常にあったのね。
子供に対しても、自分の親に対しても、こういう生活状況になったのは自分のせいだから、って言う思いはすごく持っていたの。

子育て中は本当に無我夢中で、今振り返ってもあんまり覚えてない部分もあったりして・・・・・(それは別の問題かも?)
でもきっと、周りは能天気な私のことだから、のほほ~んとやっているように見えていたかもしれない(笑)

だけど本当に外にも出たくなかったし、人とも話したくなかったし、いつも殻の中に閉じこもっていたかった。
私たち親子に向けられる周りの目も怖かったなぁ。

でも実際は違っていたのね。
保育園に入ったり、小学校へ行ったり、学童保育に入ったり、どうしても人と接しなければいけない状況が増えていって、こちらが構えていても、向こうからはどんどんいろんな人が関わってくる。
でもほとんどの人が「母子家庭?うちもだよ」「うちもそんなようなもんだし」なんていう感じで、「それがどうしたの?」特別なことでもなんでもないよ、って思わせてくれたの。

それからいろいろなことに、なるべく関わるようにして、でも時々仕事を理由に逃げちゃったりして(笑)
だけど地域の子ども会は自分でも褒めてあげたいくらいちゃんとやったよ(笑)
でもね、これもたくさんの人のバックアップのおかげだけど。
すっごく仲がいいわけじゃないのに、みんな自分たちが出来ること、出来る時間は快く提供してくれたの。
これは今でも感謝すべきことだと思うし、のちのちここで暮らしたり、学校関係でもとても助けになった経験だった。

これがまずひとつ、私が変わった時期。

そしてもうひとつがKAT-TUNと出会ったこの時期。

いまさら、いまさら、いまさら・・・・・と思うことしきり。
こんな年下のかわいい坊ちゃん方に夢中になって、人生をも変えちゃうようなめまぐるしさで好きになって、どうするの?って思うわけ。

でも本当に不安と後悔と責任感とで走ってきたから、子育て以外の充実感ってあまりないのよ。(それだけあればいい?まあね)
この十何年間、私自身は何をしてきたんだろう?ってね。

そんな時に、フォーリーブスが再結成をして、少しだけ自分の青春時代を振り返り、その時間に浸れることが出来るようになった。
きらきらしていたあの頃を、みんなでコンサートに行って取り戻しているかのように。
自分で言うのもなんだけど、本当に高校生くらいのかわいい少女に、気持ちだけは戻れるのよ。
それはとってもやさしく流れる時間だった。
今まで生きてきた時間も全部受け入れてくれる、本当にやさしい時間。
一生懸命生きてきたよね、って頭をなでられているような感じ。

そんな風にして、少し自分の中で余裕みたいなものが出来てきた時だったのでしょう、彼らたち出会ったのは。

衝撃!もう本当にこの一言。
「海賊帆」の話しをしたときに言ったとおり、血が騒いだの(笑)
あ~この感覚!忘れていたけれど、この胸のどきどき。今ここに蘇る!

なんかちょっと大げさに聞こえるかもしれないけれど、もともとジャニヲタな私ですから。
スイッチが入っちゃったのね。

それでもこんなに夢中になるまでには、かわいく見守っていた時期もあって、今にして思えばなぜその時点で突っ走らなかったのか?って思うよね。
恥ずかしさもあったし。ヲタ誌なんて絶対買えなかった。

でまぁ、念願のコンサートへ行ける事になって、さらにスピードが加速して、とうとうブログまで始めてしまったわけです。

ブログを始めて、この子達を通してまさかこんなたくさんの人と知り合えるなんていうことは考えもしなくって、ただただ一人でものを書いていれば、誰かが読みに来てくれるものだと思っていました。
ブログってそういうものかと・・・・・

でもお友達が、ひとり増えふたり増え、そのお友達がまたお友達を紹介してくれて、どんどん広がっていく人の輪。
読んでもらえることが、コメントいれてもらえることが、こんなに幸せなことなんだと改めて感じ、自分の予想をはるかに超えたものを私はここで貰っているの。

そしてこの人たちにどれだけ支えられていたかを実感したのです。

それはやっぱり仁君のことで。
みっともないくらいぼろぼろになって、泣いて凹んで、この世の終わりが来たように暗い日々で・・・・・・。
立ち直ってもまた揺れ動く、そんな自分を自分がもてあましているのに、「大丈夫、そんな私も好きだよ」っていっていつも見守ってくれていた人たち。

この子達を知ってから、あれだけ突っ張っていた私が、人のやさしさにふれて涙を流すことが多くなりました。
あまり泣くこと自体許さなかった自分が、悲しくて泣き、好き過ぎてつらくて泣き、人の温かさで泣く。

人に頼らない、甘えないと思っていた私が「落ち込んでるよ~」とSOSを発信する。

コンプレックスの塊のような自分が嫌い!って思っていたのに、こんな私が好きといってくれた友達。
その話しをここで書いたら、みんなが「好き」って書いてくれて、どうしようもなく、くすぐったかったあの日。

すぐそばにいるお友達も、顔も知らないネット上でのお友達も、私から見えないバリアを1枚ずつ取り除いてくれた人たちなんだよね。

まだまだたくさんのことを吸収して、かっこ悪い私も、弱くて泣き虫な私も、少しだけお人好しな私も、全部受け入れて、どんなことがあっても「しょうがない、これが私だもん」なんて言える、懐の大きいかっこいいオンナになりたいな。いやなるよ。


まだ5人の彼らに時々揺れる。
仁が週刊誌とかに追いかけられるとつらくなる。
雄ちゃん以外の子がいっぱい出るとやきもちも焼く(性格悪い!)
雄ちゃんが好き過ぎて時々泣きたくなる。(痛)

でもやっぱり私が大好きになったKAT-TUNは、いつだって元気と愛を運んでくれて、こんな揺れている私にさえも、「僕らは普通さ 今のままさ」ってその場所を決して動かしたりはしない。

こんなことがきっかけで、自分の心が変わっていくことに、戸惑わなかったと言ったら嘘になるけれど、物事にはすべて始まりがあって、それがたとえどんな小さなことでも、自分とって必要だったからめぐり合えたきかけを、大切にして行こうと今なら素直に思えるような気がしたの。

ただただKAT-TUNが大好きだし、ただただここで出会った人たちみんなが大好きだし、ずっとそばにいて支えてくれた人たちも大好き。

素直にそう思える自分もやっぱり好きかな?
始めて自分が好きって書いたかも(笑)


今回のことで泣いてわめいて揺れ動いていた私を、本当にたくさんの人が支えてくれました。
黙って見守ってくれた人、そっと言葉をかけてくれた人、一緒に泣いてくれた人、いっぱい話しを聞いてくれた人。

みんなと一緒に静かに信じた人の帰りを待ちたいと思います。
だからって、またゆらゆらして5人じゃいやだ~、3対3に分けたらいやだ~なんて、言うと思うけど、とりあえず

今を少しでも受け入れられるようになった私を、
そう思えるようにしてくれた、たくさんの人たちに「ありがとう」


そしてそんな私の頭の中にまた「僕らの街で」が流れてる♪




よくもまぁ、こんなに長々書いたものだなぁ~。
どこからか、遠い空の彼方から「うぜぇ~」って聞こえてきそう。

でもちゃっと書いておきたかったの。
少しは今の自分も受け入れられるようになったよ。みんなのお陰でってね。

スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

すがすがしい!

まあちゃん、なんか、変わったね~~~。
なんていうのかな? 読後に、爽やかな風が吹き抜けていったような感じがしたよ~~~v-353
まあちゃんのやさしさが、ときどき危なっかしくて心配になっちゃうこともあったんだけど、もう大丈夫だねっv-363 って、思ったよ。v-411
『ありがとう』って、いっぱい言える人生って、ステキ~~v-353
まあちゃん、ゆっちを好きになって、よかったねv-363
私は、淳之介クンを好きになって、よかったよぉ~~~v-398
そして、KAT-TUNを大好きになれたこと。
これが、しあわせの第一歩で、今の私たちのすべてだよね!!
こんなしあわせをくれた彼らに、感謝せずにいられないね~~~。

あ、さんちゃんに先越された(笑)

まあちゃん、アタシもありがとうっていう言葉を使うことが
とっても多くなったような気がするよー。
ってゆうか、実際そうなんだけど。
まあちゃんの文章読んでとっても優しい気持ちになれたよ♪

こうやってかとぅーんを好きになったことで、
なかまるくんを好きになったことで、
アタシはおうじを好きになったことで、ものそいたくさんの幸せに
出逢えてるよね。

ホントに、『ありがとう』、だね。


まあちゃんと出逢えてよかったよん♪

人間そんなに偉くはない♪

ので弱々なのは仕方ないのよん♪(^_^;)

こんばんは(^_^)

毎日精神状態の上下運動をかかさずやっております…
出来れば身体の運動もしなきゃなんだけどね(>_<)

竜也君のカチュマニュを見てきて、まあちゃんのも読んで…お友達って大事♪って改めて思ったかもっっ
私なんもできないけどね…元気の素の話くらいはできてるのかな?(^_^;)

我慢する事が美徳みたいな風潮が日本人にはないかな?
でも我慢しすぎは心の病を生み出すからね…たまには我が儘も必要かなって最近思う事にしたのっっ
凄く能面みたいな表情のまま生きていたくないなって思う…仕事も家事もちゃんと感情を出せるとこは出さないと生きてるんだか死んでるんだかわからない生き方になりそうで…
あと何年生きられる?
最後までイキイキと生きていたい♪
今はそう願うの(^_^)

何だかまとまりないよね~w(゚o゚)w
連想ゲームみたいでいつもごめんなさいね~m(__)m

まあちゃーん♪
今、読み終えて目があっついです。うふふっ
すっごく、あったかい気持ちになってます。
ありがとー(*^-^*)-♪
アタシも10月13日の会見からこっち、
泣きっぱなし。です・・・
ミンナのいろんな思い読んで泣き、TV見て泣き、ウタ聴いて泣き・・
でも、まあちゃんと一緒。
雄ちゃんがいるから幸せでもあるんです。
雄ちゃんがいるから頑張れる。そんなとこもあるんです。
こんなアタシですけど
これからも、ずーと宜しくです。 レイ

さんちゃんへ

おかげさまで、何とかここまで戻りました。(たぶん・笑)
いろんなことが不安で仕方がなかったのね。
素直に「ありがとう」って言えるのも、みんなに「大好き」って言えるのも、きっとこのブログのお陰だよね。
言葉にしないと伝わらないから、自然と素直に言葉に出来る。
素敵なきっかけだなぁ。
「ありがとう」っていっぱいいえる人生ね。うん、いいかも。
KAT-TUNがいてくれてよかったね。
じゅんくんがいてくれてよかったね。
すべてはここから始まったんだもんね~!

雪音ちゃんへ

ありがとうって口に出すのが照れくさかったりするけれど、文字だと
素直に書けたりするんだよね。
もちろんそう思っているからこそ書けるんだけど。
本当にKAT-TUNを好きになって、みんなに出会って幸せいっぱい
貰っているなぁって思うの。
KAT-TUNありがとう!
じゅんくんありがとう!
雄ちゃんありがとう!
雪音ちゃんもありがとう!
ありがとうって言う度に、幸せが増える感じがするよ~!

mimmiさんへ

いつもいつもありがとうねぇ。感謝しています!
どんだけ支えてもらったかわかんないよ。
で、どうなの?ちょっと心配しているんだよ~!
上下運動は激しいの?緩やかなの?
早くデートしたいね~。

我慢して、わがままは許さなくって自分を苦しめるより、ちゃんと向き合える
自分でいる方が、ちゃんと生きている感じがする。
後何年生きられる?なんて言わないで。
最近私が思うことなんだから、まだまだでしょ?
笑うことも、泣く事も、弱いのも、強いのも生きている証拠。
いつまでも輝いて生きていたいよね。
友達は大事!
私もたっちゃんもきっと素敵な人たちに囲まれているんだわ~。
かつめんはみんなそうなのかな?

レイちゃんへ

KAT-TUN話じゃないのにありがとうね。
もう自分でもどうすることも出来なくらい、ボロボロだったの私。
仁見ては泣いて、残された5人を見ては泣いて、不安でたまらなかった。
雄ちゃんが心配でならなかったの。
でも結局この子達が一番揺るがなかった。
その5人の思いに気がついた時、5人の中にはいつでも6人なんだ
って思ったら、少しずつ前を見て行ける様な気がしてきたの。
いつも楽しいブログ読んでるよ。
最初うまく入っていけなくて、ごめんね。
いつか伝えようと思っていたんだぁ。
こちらこそよろしくね。

おぱおぱ♪


まぁ人それぞれいろんな傷み持ってますよ。
オイラの友人にも本にかけそうな波乱万丈人生送ってる奴もいるし

自分もけっこうあったかなぁ~~~現在進行形の悩みもあるけど
今はまっいいか精神で生きてますよん。
ただちょいとKAT-TUNに依存し過ぎるのはどうかなぁとも思う
ので、堅ちゃん聴いたりいろんな音楽を聴いたり、今はジュニア
の山田クンも応援してるよ(笑)

いい意味で気持ちを分散させてまっせ~~~
浮気モノでつもん、フフフ。

「うぜ~」聞こえてきたかも(笑)息子によく言われたわ~~~

v-346v-346v-346v-346v-346v-346

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

まあちゃんの思いがすごく伝わってきたよ
本当に私たちがKAT-TUNからもらったものって
大きいよね
友達に占いに詳しい子がいて
今年はわたしにとってすごくいい年になるって言ってたの
はじめは辛いこともあって
ほんとうにいい年なの???って思ってたけど
KAT-TUNに出会ってからの私を考えると
やっぱりすごくいい年だったんだあ~って思えるよ
なによりもすごくたくさんのあったかい人たちと知り合えたからね
この絆は大切にしたいよ~
これからもよろしくね

よかったね

なんだかね?まあちゃんの中の、「まあちゃんの心」が
やっと、おかあさん(今、ブログを書いているまあちゃんのことね)に
「この子も愛おしいなぁ」って言ってもらえて、喜んでる気がしたよ。

まあちゃんの中にひっそりと、でも、ずーっと確実にいた、
「私の気持ちはここにあるよー」っていう、「まあちゃんの心」は
ずっとずっと、まあちゃんに気づいて欲しがっていた気がしたの。

だって、ずっとがんばってきたんだもんね?
迷ったり悩んだり悔やんだりしながらも
とにかく進まなくっちゃいられなくて、がんばったんだもんね?

そんな風にがんばってきた「まあちゃんの心」は
たぶん、今、こんな風に、まあちゃん自身に受け入れてもらえて
とにかくうれしくて、やっと許されたような気持ちになって、
うれしくて泣いているような気がします。

なんだか、勝手に、擬人化しちゃってごめんね。
でも、ようやく許された、まあちゃんの心が、愛おしくって
ほんとうに涙が止まらないです。

まあちゃんの心、よかったね。
まあちゃん、ほんとうに、よかったね。
私は、そんなまあちゃんが、大好きです。

ふじこさんへ

あっはっは~「うぜぇ~」って聞こえた?
私も聞こえた。海を越えた向こうの方から(笑)
まだうちの息子からこの言葉は出ないので、ちょっと安心していますが、そのうち言われるんだろうなぁ。v-406

みんなみんな、いろいろな人生を歩いてきていますよね?
自分だけじゃないんですよ。気がつくのが遅いけど・・・・
まっいいかぁ、くらいが丁度いいのかもしれないです。
あ~KAT-TUNに浸りすぎてる~(笑)
寝ても冷めてもKAT-TUN漬けですよ。
少し違う方向へも目を向けてみようかなぁ?

☆☆☆

それぞれ平坦な道は歩いて来ていないってことなのよね。
この子達にいっぱい、いっぱい癒してもらいましょう。
素直に生きて、HAPPYになろうね。

ふるるんさんへ

いいなぁ~、今年はいい年なのね。
終わりよければって言うから、始めが大変だったとしても、それを打ち消してくれるくらいの、さらにいい年にしちゃいましょうね。
ブログってすごいね。
こんなに温かいものだと思わなかったよ。
怖い思いや嫌な思いもあるだろうけど、幸せな思いの方が多い私たちは、本当にありがたいなぁって思う。
「絆」だよね。本当に感じるよ。
こちらこそよろしくね。

たろちゃんへ

私の心をそんな風に表現してくれてありがとう。
恥ずかしいんだけど、弱い自分も、グダグダな自分も許せなかったのね。
そういう弱さを否定する事で、自分を保っていた所もあるんだと思うけれど。
たろちゃんの言っていた言葉を読んだ時、とても心に引っかかってきて、
胸がいっぱいになったの。
かっこ悪い自分が愛おしい?どうして?って言う気持ちと、それでいいの?
って言う気持ちと。
それでもう突っ張らなくてもいいんじゃないの?っていう気持ちになれたのかなぁ?
そんな私の心は、「ここだよ、ここだよ」と私を呼んでいた訳ね。
もっと早く気がついてあげればよかったね。
でもその時期は、他の人から見たら遅かったかもしれないけれど、やっぱり今だったのかなぁ?
たろちゃんも含めて、周りにたくさん素敵な人たちがいるので、いっぱい見習って自分磨きをしたいの。
いつも素敵な言葉をありがとう。
そんな言葉を持つ素敵なたろちゃんが大好きよ。
line
プロフィール

まあちゃん

Author:まあちゃん
KAT-TUN中丸雄一くんが大好きなまあちゃんのひとりごとです。
黄色い声も出ない50代ですが、気が付けば10年も中丸くんの事を追いかけて来ました。
充電期間の間でも、個々の活動を応援しながら、また活動再開する日まで、一緒に闘い続けます。

KAT-TUN情報はほとんど後追い状態ですが、普段の生活の中で感じたこと、考えたこと、幸せに思ったことなど交えながら、のんびり更新中

line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
インフォメーション


☆テレビ☆
「シューイチ!」(中丸雄一)
毎週日曜日 7:30~日テレ

「世界ルーツ探険隊」(中丸雄一)
毎週月曜日 19:00~テレビ朝日

「Going!」(亀梨和也)
毎週日曜日23:55~日テレ

「炎の体育会TV」(上田竜也)
毎週土曜日19:00~TBS


◆ラジオ◆
土曜日10:20から NACK5
「KAT-TUN亀梨和也のHANG OUT」


★album★
ベストアルバム
「10Ks!」絶賛発売中!



マウスを合わせると動きが止まります。
line
最近の記事
line
最近のコメント
コメントありがとうございます☆               
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
FC2カウンター
line
閲覧カウンター
現在の閲覧者数:
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
ジャニーズ最新情報
line
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

line
QRコード
QRコード
line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。